ENTRY
PAGE TOP

INTERVIEW

今村 はるか

Imamura Haruka

チーフデザイナー

デザイナーとしてのアプローチ方法を常に広げ続けたい

カルーに入社した経緯を教えてください。

設立メンバーのCTO・松原とは大学時代の同期で、会社設立のタイミングで誘っていただきました。代表の具志とは初対面でしたが、やはり同じくSFC出身ということですぐに馴染めたように記憶しています。

入社当初はデザインの実務経験もなく、教われる人もいなかったので、実践で必死に学ぶ日々でした。苦労はしましたが、その環境のおかげでより多くの事を吸収できたと思います。技術が向上するにつれ、視野も広がり、自分の中で仕事に対する意識も変わっていきました。

当時の私は乳児の子育て真っ最中でもありましたが、私自身が会社で成長させてもらう傍ら、育児もだいぶ会社に支えていただきました。

カルーと出会えた縁には、本当に感謝しています。

どのような仕事をしているか教えてください。

チーフデザイナーとして、半分はプレイヤー、半分はデザイナーチームのマネジメント業務を行っています。
どような仕事をしているか?と問われると、答えるのは実は難しい。

カルーでのデザイン業務は幅広いと思います。
WEB・DTPどちらもありますし、デザインはもちろん、ターゲットに沿ったコンテンツ制作からワイヤー設計・コーディング・素材作成・検証まで幅広く携わります。エンジニアやセールス部門とのコミュニケーションも密です。

毎回同様に行うわけではなく、その時々の状況や方針によって業務への関わり方は変わります。「デザイナーの仕事はここからここまで」と括るのではなく、「デザイナーとしてどのようにサービスにアプローチし、貢献できるか」を常に考え、広げていく。そうやって今後も進化し続けていきたいと思っています。

最近はメンバーが増え、デザイナーの教育にも力を入れています。チームメンバーの多くが実務未経験からスタートし、成長して現場で活躍してくれています。成長する姿を見るのは嬉しいですし、チーム単位での業務は可能性も広がるので、将来のビジョンを考えるのが楽しいですね。

カルーで働く魅力を教えてください。

自分のライフスタイルを保ちながら働ける事は、カルーの大きな魅力の一つです。

個人の責任や成果を重視する社風なので、自分なりの働き方を続けられます。規則や時間に縛られて効率の悪い作業をしたり、周りに合わせて不要な業務をしたりという理不尽な事はありません。

そのようなスタイルだからこそ、メンバー各自が常に仕事への貢献度や責任を意識して働いていますし、職場の定着率も高い。結果としてよりクオリティの高いものが生み出せているのだと思います。