ENTRY
PAGE TOP

INTERVIEW

大塚 幸穂

Otsuka Yukiho

エリアマネージャー

成長のチャンスはいくらでもある

カルーに入社した経緯を教えてください。

私は自分の「人間好きな部分が生かせる」ことと、「社会貢献性の高さ」、そして「自分にとっての難易度の高さ」の3点を軸に転職活動をしていました。

前職の業務内容は販売でした。販売職というものは、多くの人と関わることが出来る素晴らしい仕事でもあります。私は毎日楽しんで仕事に取り組めていたと思います。

ただ、そのような中で看護師として総合病院に勤務する母の姿が目に留まりました。母は勤務時間外でも自宅で常に勉強をしていました。部屋には大量の書籍やノートがあり、学会での発表を行う為に苦手なPCを叩いていたり、家事もしながら疲れている中時間を作って本を読んだり…50代の母でもまだまだ成長しようと努力している姿を見ているうちに、転職をしようと考えるようになりました。

そして自分が軸としている部分を保ち続けられると考え、目を付けたのがカルーでした。 医療やWEBの知識も殆どなく、営業経験もない、きっと自分には難しいだろうと思ったからこそ応募し面接を受けに行ったことを覚えています。

カルーで働く魅力を教えて下さい。

成長し続けられる環境が整っているところです。あれやこれやと指示をされず自由であるがゆえに、とても責任は重く、医療機関の経営に大きく関わる業務をこなしていかなければなりません。

一言で「医療」や「WEB」と言っても、その中には様々な分野が存在し、数えきれないほどの知識が必要となります。 ただ、社内には各分野のプロが在籍している為、困ったときにはいつでも相談を出来るし、本当に日々学ぶことばかりです。 そういった各分野の力をしっかりと集結させ、クライアントのサポートに当たります。

入社してから半年以上経ちますが、分からないことはまだまだ出てきます。そしてクライアントのお悩みも当然1パターンではありません。会社も新しいことをどんどん始めていきます。つまり、常に成長していかなければならないのです。言い換えれば、成長のチャンスはいくらでもあるということにもなります。

人生の大半を占める「仕事の時間」ですが、そのような環境に常に囲まれて居られることが、私にとってのカルーで働く魅力なのだと思います。

入社を検討している方へコメントをお願いします。

前述しましたが、カルーは社員に自由と責任が与えられている会社です。今、環境のせいでご自身の成長が行き詰ってしまっている方は、是非一度お話をしてみませんか。

私はカルーに入社して、つまらないと感じたことは一度もありませんでした。また、自分の前向きな気持ちは全て社長が受け止めてくれます(笑)。だからこそ安心して頑張れているのだろうと思います。そのくせ残業もなく、社内は和気あいあいとした雰囲気で、ワークライフバランスがいいというのもなかなか珍しいパターンだと思います。

決められたことを行うことは責任もなくとても楽ですが、自分自身も会社を引っ張っていく一員として、責任を持って仕事に取り組むやりがいを感じながら一緒に頑張っていければ嬉しいです。